文字の大きさ

背景色

甲良町子育てサイト キラキラこうら♪

メニュー

小児用肺炎球菌感染症(13価ワクチン)

どんな病気?

肺炎球菌は、子どもの多くが鼻の奥に持っています。
ときに中耳炎や重い髄膜炎などを起こします。
肺炎球菌が原因の化膿性髄膜炎は、5歳未満では、10万人に約2.5~3人、年間で150人前後が発症しているとされています。
死亡率や後遺症は、ヒブの髄膜炎より高く、約21%が予後不良です。

ワクチンの効果は?

予防接種開始後、多くの国から、細菌性髄膜炎が激減したという報告があります。

接種期間

生後2か月~5歳の誕生日前日まで(接種開始時期により接種回数が異なります。)

4回:接種開始が生後2か月~7か月に至るまでの場合

27日以上あけて生後24か月に至るまで(標準的には、生後12か月に至るまで)に間隔をあけて3回。
3回目終了後、60日以上(標準的には1歳~1歳3か月)あけて1回追加。
初回2回目が生後12か月を超えた場合は3回目の接種は行わない。追加接種はできる。

3回:接種開始が生後7か月~12か月に至るまでの場合

27日以上あけて生後24か月になる(標準的には、生後12か月に至るまで)に2回接種。
生後24か月を超え場合は接種は行わない。

2回:接種開始が1歳~2歳誕生日前日までの場合

60日以上あけて、2回接種。

1回:接種開始が2歳~5歳の誕生日に至るまでの場合

1回接種。

お問い合わせ先

保健福祉課
〒522-0244
滋賀県犬上郡甲良町大字在士357番地1 
甲良町保健福祉センター内
電話:0749-38-3314
  • 甲良町
  • ハグナビしが

ページの一番上へ